知らないではダメ|処分の方法に注目しよう「ガレキ選別のアレコレ」
男性

処分の方法に注目しよう「ガレキ選別のアレコレ」

知らないではダメ

作業員

収集や運搬も可

世界では様々な産業廃棄物が不法に投棄され、深刻な環境破壊をもたらしています。日本では産廃処理に関する法律が厳格に定められていて、違反者は重罪に処せられる上、高額の罰金が科せられます。知らなかったでは済みませんので、ゴミを処分する際にはあらかじめ確認しておきましょう。汚泥や動物の糞尿などは産廃ではないと勘違いしている人も多く、知らず知らずに法律違反を犯している可能性もあります。さて、産廃の処分には許可を得た産廃業者に処分を依頼することになります。持ち込みすることも可能ですが、量が多かったり遠隔地で行けない場合は、収集や運搬を依頼することもできます。その際には別途料金が必要ですので知っておきましょう。

良いところを見極める

工場や家庭からゴミは出続けていますが、日本では毎年産廃が増え続けています。しっかりと分別が進むことによって顕在化してきたのかもしれませんが、消費社会においては増えるのは仕方ないことかもしれません。産廃の対象となるものは、かなり細かく分類されています。同じように見えても素材がちがうこともありますし、家電は部品ごとにちがいが出てきます。処理費用もそれぞれで金額の差がありますので、問い合わせするとある程度教えてくれます。ただ、中にはあまりよろしくない産廃業者もあり、責任がこちらにかぶってくることもあるので、しっかりと見極める必要があります。良い産廃業者の特徴としては、きちんとマニュフェスト伝票を発行したり、費用が適切であることがあげられます。