企業の責任が果たせる|処分の方法に注目しよう「ガレキ選別のアレコレ」
男性

処分の方法に注目しよう「ガレキ選別のアレコレ」

企業の責任が果たせる

工事現場

排出事業者が持つべき意識

施設や工場のような建築物を解体する際は、規模の大小にかかわらず瓦礫が必ず発生します。コンクリートや木材のほかガラスと鉄くずなど、さまざまなパーツで構成されているのが現代の建築物です。つまり、瓦礫選別の作業は必要不可欠であり、最後のひとカケラまで排出事業者が責任を負わなければなりません。自社内で処理設備があれば作業を進めるのみですが、処理専門の業者に瓦礫選別を依頼する方法もあります。業者選びも排出業者の責任に含まれるため、依頼先を十分に調べてからコンタクトするべきです。ポイントは本社や事業所の所在地を確認する点があげられ、実在しているか調査を行います。不法投棄のトラブルを避ける有効手段ですので、料金ばかりに目が向かないようにしましょう。

購入とレンタルが選べる

産業廃棄物処理のひとつである瓦礫選別は専門知識が必要であり、法を順守するだけでなく環境保全の取り組みにも貢献します。企業姿勢が業績を左右する時代ですので、コストではなく社会的責任に重点を置く良い機会といえるでしょう。姿勢は社員ひとりひとりの行動に影響するため、規律を正す意味でも効果的です。瓦礫選別の委託先も同様で、設備写真や作業フローなど情報を公開する傾向が強まっています。自社サイトを設ける処理業者が増え、今やインターネットで情報が入手できる時代です。料金が項目ごとに記載されているケースも多く、初めて取引する際の見積もりが安心といえるでしょう。また、瓦礫選別は機械の新規購入とレンタル契約が可能で、これまでよりも利用しやすくなっています。